フリーエリア
プロフィール

大吟醸

Author:大吟醸
PBMのブランクは5年くらい…遠ざかりすぎです。
空気の読めない子ですがどうぞよろしくお願い致します。

最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とけがみ個別

リアはK020107
「in with you, let us get into the fortified cities and sink into silence there
 (集まって、城塞に逃れ、黙ってそこにいよう)グレイ VS セバスツィアーノ」
です。

セバスさんに頼ってしまったが為に結果アーリよりも彼のほうが責められる立場になってしまって。
私(PL)の責任を押し付けてしまったようで…。だから打開のときはしっかりと私が支えねばと。

私のほうはむしろマスターは応えてくれたので。
兄も助けたいし、セバスさんを支えたいしという立場で、板ばさみに中途半端なことしか出来なかった結果ですので、次回は思い切って動きます。
マスターがやれるだろうと思って課してくれているならそれに応えねば、と。
いつも真剣だけど、まだ足りないんだなと痛感します。


アーリも私も精神が幼いんだなあと本当に思い知らされます。
兄貴にも「偽善者」とか「自分を飾ってる」と言われたし、その辺りの甘さをしっかり改善していかないといけませんね。

あとで一番初めの設定みて「ひどい、コレはひどいorz」と思いました。マスター、本当にごめんなさい。はげしく傲慢でした。

今回一つだけ、アーリが強い子だなと思った一文があって。
アレだけのことがあっても、それでもその後
『アーリが、セバスツィアーノの頭をギュッと抱きしめてくれているようだった。』
っていうのは、アーリが彼のことを守りたいんだなと思えたのでうれしかったのです。

PCの幸せの獲得まで突っ走るよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。